ヤスダツバサ|Number 𝕏 CEO

Web制作会社→ソフトバンク広報を経て、ナンバーエックス株式会社を設立。DeeTell…

ヤスダツバサ|Number 𝕏 CEO

Web制作会社→ソフトバンク広報を経て、ナンバーエックス株式会社を設立。DeeTeller, Inc.のCCOも兼任。プロジェクト・マネージャー、編集者、PRプランナーとして、Webサイト・オウンドメディアの立ち上げ・グロースに従事しています。

マガジン

  • 海外在住の日本人に聞く、世界のリアル

    物価や年収、職業、文化やイメージとのギャップ…… 海外に在住している日本人リサーチャー・ライターが「ちょっと気になるお金・物価・文化のリアル」を現地視点から紹介します。目指すは、全世界の記事!

  • 印象深いラグジュアリーホテル・旅館の経営者体験レポート

    観光・旅行関連の事業を行っていることもあり、リサーチも兼ねて、さまざまなところに泊まるようにしました。まだまだ旅行初心者ですが、特に印象深かったホテルや旅館を記録していきます。

  • CEO ヤスダツバサのコラム

    Neo Work-Styleを模索したり、「次の良い仕事を創る」ために必要なリフレッシュをしたり、CEO ヤスダのゆるいコラムをまとめています。

  • 広報初心者に捧ぐ、現役広報直伝のノウハウまとめ

    広報とは、大企業だけにとどまらず、中小企業やスタートアップ、自治体、個人商店などのあらゆる団体に専任担当者が置かれる、社会やメディアと接点のある「企業の顔」ともいえる重要なポジション。現役の広報担当者が初心者向けにノウハウを紹介していきます。

  • 編集者の生きる道

    元大企業のインハウスエディターの経験を交えて、今後 企業や社会に求められるであろう編集者を広義の意味で捉え、必要なスキルセットやキャリアプランなどを探っていきます。 https://editorial.number-x.jp/

リンク

海外在住の日本人に聞く、世界のリアル

物価や年収、職業、文化やイメージとのギャップ…… 海外に在住している日本人リサーチャー・ライターが「ちょっと気になるお金・物価・文化のリアル」を現地視点から紹介します。目指すは、全世界の記事!

すべて見る

【現地人に聞くイタリア事情】幸せに生きるコツを学べる? イタリアの食、バカンス、暮らしのお金事情

イタリアからボンジョルノ! イタリアと聞いて、思い浮かべるのはなんでしょう。パスタにアート、車、サッカー…… 日本でもよく知られた“イタリア”はたくさんありますよね。人気の観光地でもあり、訪れたことがある方も多いかもしれません。 「マンジャーレ・カンターレ・アモーレ(食べて、歌って、そして愛して)」の国イタリアは、なんだか陽気で楽しそうだけど、実際のところは、さてどうでしょうか。 気づけば在住20年余の筆者が、日々体験しているイタリアを食文化や働き方をベースにご紹介した

スキ
94

【現地人に聞くインド事情】急激な経済成長と変わらない文化が共存する国。インドの文化や年収、物価事情

ナマステ! 本日は人生観を変えてくれることで有名な「インド」という国についてお届けします。同じアジア圏にありながらも、東南アジアよりは遠く、イメージで語られることが多いインド。誰もがインドについて話すと、何かしら印象を持ち合わせていて、たくさんの逸話を共有してくれます。 「皆に知られていながらも、本当は知らないことが多い不思議な国」というのが、インドの正しい立ち位置でしょうか。私個人としては、インド現地の企業で働いていた経験、インドにおける拠点の立ち上げから、インド人の就

スキ
143

【現地人に聞く中国・香港事情】香港人は本当にお金持ち!? デモとコロナを乗り越えた、香港の文化や年収、物価事情

素晴らしい夜景を誇り、煌びやかなイメージのある香港。 中華圏の文化を残しつつも、外資系ブランドや高層ホテルなどインターナショナルなエッセンスが入り混じる街は、独特の魅力を放ちます。 香港への突然の移住は私にとって、新たな冒険の始まりでした。まずは憧れのザ・ペニンシュラ香港で過ごした夢のような2週間。しかし、2019年にデモ活動が始まり、街は緊張感に包まれました。その後、コロナ禍が始まり、想像していた華やかな香港生活は遠くなりました。そんな香港での楽しみやお金事情を、私の経

スキ
47

【現地人に聞く台湾事情】思いやりとチャレンジ精神に溢れたコンビニ大国。台湾の文化や年収、不動産事情

ここ数年、人気旅行先ランキングでは必ず登場する台湾。日本からは飛行機で約3時間と近く、美しい自然景観はもちろん、おいしい食べ物に溢れ、フレンドリーで優しい人々が多いなど好意的な印象を抱いている人も多いはず。なかにはその魅力に惹きつけられ、台湾通いを続けるようになってしまったというファンも少なくありません。 近年はコロナ対策で迅速かつ徹底した対策が行なわれ、国民が一丸となってコロナ禍に向き合ったことでも話題になりました。特に、デジタル担当大臣のオードリ・タン(唐鳳)の活躍ぶり

スキ
86

印象深いラグジュアリーホテル・旅館の経営者体験レポート

観光・旅行関連の事業を行っていることもあり、リサーチも兼ねて、さまざまなところに泊まるようにしました。まだまだ旅行初心者ですが、特に印象深かったホテルや旅館を記録していきます。

すべて見る

【2024年版】印象深かったラグジュアリーホテル・旅館まとめ

観光・旅行関連の事業を行っていることもあり、国内中心だがリサーチも兼ねて、さまざまなところに宿泊しました。まだまだ旅行初心者ですが、特に印象深かったホテルや旅館を記録していきます。 ▼2023年版はこちら 東京エディション虎ノ門(東京・港区)文:ヤスダツバサ(Number X) (更新日:2024年2月1日) ▼印象深かったホテルや旅館の宿泊記まとめ

スキ
7

【2023年版】印象深かったラグジュアリーホテル・旅館まとめ ※体験レポートあり

観光・旅行関連の事業を行っていることもあり、国内中心だがリサーチも兼ねて、さまざまなところに宿泊しました。まだまだ旅行初心者ですが、特に印象深かったホテルや旅館を記録していきます。 体験レポートの更新履歴(2023年)11月26日:「海外テイストを視覚で感じるネオンラグジュアリー」 W大阪(大阪府) 11月7日:「和の深みを細胞レベルで感じる空間」 THE HIRAMATSU 京都(京都府) 7月26日:「疲れた心に癒やしの一滴を」 THE HIRAMATSU 軽井沢

スキ
7

【2021・2022年度版】印象深かったラグジュアリーホテル・旅館まとめ ※体験レポートあり

観光・旅行関連の事業を行っていることもあり、国内中心だがリサーチも兼ねて、さまざまなところに宿泊しました。まだまだ旅行初心者ですが、特に印象深かったホテルや旅館を記録していきます。 ▼体験レポートの更新履歴12月10日:「大都会 東京の中心で味わう“和のおもてなし”」星のや東京(東京都 大手町) 12月3日:「木の温もりと触れ合うラグジュアリーな和空間」強羅花壇(神奈川県 箱根) 9月4日:「沖縄で感じる、ハワイの楽園気分」 ハレクラニ沖縄(沖縄県 恩納村) 8月31

スキ
10

「都会で祝う、パートナーとの大切な日」フォーシーズンズホテル東京大手町(東京都 大手町) | 経営者のホテル体験レポートVol.08

お祝いのプレゼントや洒落たレストラン、サプライズの体験…… 大切な人の笑顔や感動は祝う側のココロも満たしてくれます。 今回泊まった「フォーシーズンズホテル」は、カナダ トロントに本部に置き、世界各国に展開している国際的なホテルチェーン「フォーシーズンズ・ホテルズ&リゾーツ」が運営するラグジュアリーホテル。「フォーシーズンズ・ホテル東京大手町」は、2020年9月に三井不動産リゾートマネジメントとのマネジメント契約により、東京都千代田区大手町に開業されました。 「フォーシーズ

スキ
42

CEO ヤスダツバサのコラム

Neo Work-Styleを模索したり、「次の良い仕事を創る」ために必要なリフレッシュをしたり、CEO ヤスダのゆるいコラムをまとめています。

すべて見る

【2023年版】印象深かったラグジュアリーホテル・旅館まとめ ※体験レポートあり

観光・旅行関連の事業を行っていることもあり、国内中心だがリサーチも兼ねて、さまざまなところに宿泊しました。まだまだ旅行初心者ですが、特に印象深かったホテルや旅館を記録していきます。 体験レポートの更新履歴(2023年)11月26日:「海外テイストを視覚で感じるネオンラグジュアリー」 W大阪(大阪府) 11月7日:「和の深みを細胞レベルで感じる空間」 THE HIRAMATSU 京都(京都府) 7月26日:「疲れた心に癒やしの一滴を」 THE HIRAMATSU 軽井沢

スキ
7

アラフォー経営者の加齢臭対策アイテム3選 〜百害あって一利なし〜

〜加齢・ストーリーは突然に。〜 突如、パートナーから「出てるよ、加齢臭」と言われました。 !!!!! 以前は、(あの人は加齢臭が強いな…… あの人はワキガが……)と他人事で捉えていた、体臭。(自分はまだまだ大丈夫だろう)と高を括くくっていた30代後半の矢先に、11個下のパートナーからの指摘を受け、目をそらしていた事実と向き合うことを決めました。 若干 誰得かわかりませんが、アラフォーでもあり、しっかりおじさんであることを自覚した私がオススメしたい「アラフォー加齢臭対策

スキ
20

ヒトの清濁を知れた1年。2023年振り返りと実績まとめ

Number X, Inc.(ナンバーエックス株式会社)を立ち上げて間もなく3期目が終わり(Twitter→Xになったときに個人的に湧きました)。 今年も本当に多くの皆さまにお世話になりました。心から御礼申し上げます。こういう機会がないと中々振り返りはやらないので、2023年の振り返りと実績をまとめました。 ▼Number Xを立ち上げた経緯 編プロ機能を持つWeb屋? Webの分かる編集プロダクション? として二面性の出てきた2023年私は、10年以上前のオウンドメデ

スキ
19

【2021・2022年度版】印象深かったラグジュアリーホテル・旅館まとめ ※体験レポートあり

観光・旅行関連の事業を行っていることもあり、国内中心だがリサーチも兼ねて、さまざまなところに宿泊しました。まだまだ旅行初心者ですが、特に印象深かったホテルや旅館を記録していきます。 ▼体験レポートの更新履歴12月10日:「大都会 東京の中心で味わう“和のおもてなし”」星のや東京(東京都 大手町) 12月3日:「木の温もりと触れ合うラグジュアリーな和空間」強羅花壇(神奈川県 箱根) 9月4日:「沖縄で感じる、ハワイの楽園気分」 ハレクラニ沖縄(沖縄県 恩納村) 8月31

スキ
10

広報初心者に捧ぐ、現役広報直伝のノウハウまとめ

広報とは、大企業だけにとどまらず、中小企業やスタートアップ、自治体、個人商店などのあらゆる団体に専任担当者が置かれる、社会やメディアと接点のある「企業の顔」ともいえる重要なポジション。現役の広報担当者が初心者向けにノウハウを紹介していきます。

すべて見る

【現役広報が教える】企業広報とプロスポーツ広報の違い。メディア特性や記者のスタンス、距離感まで

広報といえど、業界によってメディアリレーションやコミュニケーションの取り方はまちまち。 今回は、東証プライム上場企業に新卒で入社した後、社会人人生を広報畑で過ごし、現在はプロスポーツ広報として勤務している私の経験から「企業広報とプロスポーツ広報の違い」について解説します。 スポーツ業界にゆかりはなくても、業界ごとの違いのクセを掴むヒントになればさいわいです。 企業広報とプロスポーツ広報の違いとは?同じ広報といっても企業広報とプロスポーツ広報はメディアとの関係性をはじめ、

スキ
29

【現役の中堅広報が激白】広報あるあるまとめ6選

これまで広報担当者に必要なスキルや仕事にまつわる役立つ情報を書いてきましたが、今回は少しゆるっとしたネタとして、広報担当者であれば一度は経験したことのある「あるあるネタ」について6ネタまとめてみました。 このネタは多くの広報担当者と共感・共有できると思いますので、ぜひ広報や記者と雑談する際のアイスブレイクにでも使ってみてください。 広報担当者ならわかる「広報業界あるある」って?広報は社内の情報をアウトプットし、社外の声をインプットする必要がある非常に会社として重要なポジシ

スキ
15

【現役広報が直伝】広報担当者に必要な10のスキルや市場価値を上げるための勉強方法を解説(オススメ参考文献付き)

広報担当者は広報戦略の策定や社内外での調整力など、さまざまなスキルや能力を求められます。その中でもこの記事では、身につけておきたいスキル・能力について紹介します。このスキル・能力を培うことで、広報としてさらなるレベルアップを目指しましょう。 業界トレンドからクリエイティブな発想まで…… 広報担当者に必要な10のスキル・能力広報担当者はさまざまなスキルや能力が求められます。その中でも広報業務を行う上でこのようなスキル・能力があると広報業務に生かせると感じたものをご紹介します。

スキ
49

【現役広報がオススメ】プレスリリース配信サイト5選や7つの選定ポイント(&無料プレスリリース配信サイトの見つけ方)

広報はプレスリリースをメディアを通じて企業や団体の重要な情報を広く伝えることが重要です。誰もが知る大企業なら多くのメディア会社とリレーションを持っているかも知れませんが、これから成長していく企業は大企業ほどのメディアリレーション(メディアとの接点や関係性)を持っていないと思います。 そこで重要になってくるのは、メディアリレーションが少なくても多くのメディアに対して情報を提供することができる「プレスリリース配信サイト」。 この記事では、プレスリリース配信サイトの紹介と配信サ

スキ
36

編集者の生きる道

元大企業のインハウスエディターの経験を交えて、今後 企業や社会に求められるであろう編集者を広義の意味で捉え、必要なスキルセットやキャリアプランなどを探っていきます。 https://editorial.number-x.jp/

すべて見る

劇的Before→After! 記事に「編集」が入ると何が変わるの? オウンドメディアとSNSの成果につながる「3つのポイント」

「記事はライターが書くものだ」 そんな風に思っている人も多いのではないでしょうか? ライターが“文章を書く人”であることは事実です。しかし、オウンドメディアや企業SNSで“成果の上がる記事を作る”となると、ライターだけでは完結しません。「編集者」が絶必となります。一方で、「編集者が記事を書くんでしょ?」と言われることもありますが、これも大きな間違いです。 記事を作るのがライター、メディアを作るのが編集者1本1本の記事を執筆するのがライターで、メディア全体を俯瞰して最適化を

スキ
7

なぜ、企業に編集者が必要なのか? よくある企業の悩みや編集者を入れるメリット ~「情報の料理人」が生み出す成果~

税務のことは顧問税理士、法律のことは顧問弁護士…と、企業の多くは各分野に精通する専門家を“顧問”として雇っています。税理士も弁護士も、社内の経理資料や法務資料を整理し、税務的にあるいは法的に正しい発信形態にするのがその役割です。社内外に発信する“情報”だって、税務や法務と同じ。 情報の専門家である編集者は、オウンドメディアで企業情報を発信するなら、受け手に伝わりやすい構成や表現にしなくてはならないし、その情報を必要としている人たちに届く発信先を精査する必要もあります。また、

スキ
8

編集者は「情報の料理人」? そもそも編集者とはどんな仕事内容なのか ~過去と未来の編集者像~

皆さんは「編集者」という職業名を聞いて、どんな仕事内容をイメージしますか? 恐らく、出版社に所属して、書籍や雑誌、マンガといった紙の本を作っている姿を想像する人が多いでしょう。たしかに出版物の制作は、代表的な編集者の仕事です。 しかし、インターネットの世界を中心にメディアが多様化した現代では、編集者のあり方も多様化しています。例えば、ニュースメディアで記事制作を行なうのも編集者ですし、企業のWebサイトに載せるコンテンツを作るのも編集者です。TwitterやInstagra

スキ
11