ヤスダツバサ|Number 𝕏 CEO

Web制作会社→ソフトバンク広報を経て、ナンバーエックス株式会社を設立。DeeTell…

ヤスダツバサ|Number 𝕏 CEO

Web制作会社→ソフトバンク広報を経て、ナンバーエックス株式会社を設立。DeeTeller, Inc.のCCOも兼任。プロジェクト・マネージャー、編集者、PRプランナーとして、Webサイト・オウンドメディアの立ち上げ・グロースに従事しています。

マガジン

  • 広報初心者に捧ぐ、現役広報直伝のノウハウまとめ

    広報とは、大企業だけにとどまらず、中小企業やスタートアップ、自治体、個人商店などのあらゆる団体に専任担当者が置かれる、社会やメディアと接点のある「企業の顔」ともいえる重要なポジション。現役の広報担当者が初心者向けにノウハウを紹介していきます。

  • 海外在住の日本人に聞く、世界のリアル

    物価や年収、職業、文化やイメージとのギャップ…… 海外に在住している日本人リサーチャー・ライターが「ちょっと気になるお金・物価・文化のリアル」を現地視点から紹介します。目指すは、全世界の記事!

  • 印象深いラグジュアリーホテル・旅館の体験レポート

    観光・旅行関連の事業を行っていることもあり、リサーチも兼ねて、さまざまなところに泊まるようにしました。まだまだ旅行初心者ですが、特に印象深かったホテルや旅館を記録していきます。

  • CEO ヤスダツバサのコラム

    Neo Work-Styleを模索したり、「次の良い仕事を創る」ために必要なリフレッシュをしたり、CEO ヤスダのゆるいコラムをまとめています。

  • 編集者の生きる道

    元大企業のインハウスエディターの経験を交えて、今後 企業や社会に求められるであろう編集者を広義の意味で捉え、必要なスキルセットやキャリアプランなどを探っていきます。 https://editorial.number-x.jp/

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

平凡なITサラリーマンが複業で法人を設立した理由。ソフトバンクを辞めて経営一本で世の中の荒波にモミモミされ始めるまで

どうも初めまして、Number X, Inc.の代表 ヤスダツバサです。顧問編集者を謳うWORDSさんが、「社長の声を発信することが大事だ!」とおっしゃっていたのでコラムを始めてみました。 普段は編集の仕事を多いため、人の話を聞くのは好きなのですが、自分語りは苦手……。まず、1本目は会社のこと、自分のことについて話していきます。 早速の余談ですが、タイトル ver1.0はSEO狙いで SEO Keyword:ソフトバンク ✕ 副業 Title:平凡なソフトバンク社員が

    • 【現役広報も冷や汗ダラダラ】マジできつかった炎上ストーリー3選!

      「炎上案件は会社の存続危機につながる可能性も?」 広報対応として、特に気を付けなければのが炎上案件。不祥事などをきっかけとした炎上が原因で廃業に追い込まれた企業も多々あります。その危機的状況を乗り越えるには、広報の力が必要です。 今回は、東証プライム上場企業に新卒で入社し、入社以来広報を経験し、現在はプロスポーツ広報として勤務している私が経験した炎上ストーリーとどのように危機を回避したかを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 #炎上01 大規模サービス障害私の経

      • 【現地人に聞くドイツ事情】ルール愛が強いドイツ人の魅力とは? 文化や物価、働き方事情を解説

        ドイツといえば、サッカーやビール、ソーセージ、お城……。 「みんな定時に帰り、1カ月バカンスに行く」と言われることが多いので、働きやすい国というイメージも強いかもしれません。 学生時代、ヨーロッパに憧れ、大学でドイツ語を選んだことをきっかけに大学卒業後に移住。もうすぐ在独歴10年になるわたしが、ドイツのイメージと現実についてお伝えします。 ※記事内のーとは1ユーロ165円で計算(2024年3月21日時点) 【文化編】几帳面って本当? 恋愛は? ドイツ生活のリアル「ドイ

        • トラベルライター・中村洋太流 企業・メディアに喜ばれる旅行記事の書き方

          「旅をして、その体験を文章にする」 一見 自由で楽しそうに聞こえるものの、実際にはどのように書けばいいのか悩むことも多いのではないでしょうか。とくに、個人の趣味で書く文章とは異なり、仕事として依頼された旅行記事となると、なおさら頭を悩ませてしまうかもしれません。 そこで今回は、旅行レポートの執筆を依頼された際に、企業やメディアから喜んでいただける視点の持ち方や書き方のコツを、具体例を交えてご紹介します。 ぼくは、旅をしてエッセイを書く「旅エッセイスト」として活動していま

        • 固定された記事

        平凡なITサラリーマンが複業で法人を設立した理由。ソフトバンクを辞めて経営一本で世の中の荒波にモミモミされ始めるまで

        マガジン

        • 広報初心者に捧ぐ、現役広報直伝のノウハウまとめ
          8本
        • 海外在住の日本人に聞く、世界のリアル
          20本
        • 印象深いラグジュアリーホテル・旅館の体験レポート
          11本
        • CEO ヤスダツバサのコラム
          7本
        • 編集者の生きる道
          3本

        記事

          【現地人が通うハワイのこっそりグルメ】隠れ家的人気フードスポット・カフェ5選

          世界的な観光地として人気の「ハワイ」。その最新情報やオススメスポットは、常に様々な雑誌やWebサイトなどで紹介されています。特に、ワイキキやアラモアナなどのエリア情報は、どんどん更新され続けていますよね。 そんな中、いわゆるWeb検索の「ハワイ オススメ ご飯」ではなかなか出てこない、隠れ家的人気店も多数存在しています。 今回は、ハワイのローカル(現地で生活する人たち)御用達の隠れ家的なフードスポットやカフェをこっそりご紹介したいと思います。 リゾートホテルが立ち並ぶワ

          【現地人が通うハワイのこっそりグルメ】隠れ家的人気フードスポット・カフェ5選

          【現地人が通うフランスグルメ】サスティナブルな美食の隠れ家レストラン3選(ミシュラングリーンスター獲得店)

          「旅行する価値のある卓越した料理を求めて」 コロナ禍以降、フランスのレストランのトレンドとして、かつて星付きレストランで働いていた料理人たちが、郊外や田舎町で地産地消をコンセプトにしたお店を開く、という流れがあります。 今回は、パリから行ける田舎町にある、3軒のレストランをご紹介。車がないとアクセスが不便だけれども、足を運ぶ価値があり、新たな食文化を提案してくれます。いずれも宿泊施設併設で、「ミシュラングリーンスター」を獲得しています。 タイヤメーカーがグルメガイドを始

          【現地人が通うフランスグルメ】サスティナブルな美食の隠れ家レストラン3選(ミシュラングリーンスター獲得店)

          フランスやドバイ、フィンランド、オーストラリア など海外41カ国を訪問し、日本国内を1,200km旅してきた、トラベルライター 中村洋太がメンバー参画しました。 https://number-x.jp/news/20240313_01/ ※中村さんのnote https://note.com/yota_nakamura/

          フランスやドバイ、フィンランド、オーストラリア など海外41カ国を訪問し、日本国内を1,200km旅してきた、トラベルライター 中村洋太がメンバー参画しました。 https://number-x.jp/news/20240313_01/ ※中村さんのnote https://note.com/yota_nakamura/

          【現役広報が見習いたい】企業/商品広報PRの神対応事例5選

          広報対応次第で与える影響は100倍にもなる? 会社の情報発信力は、広報の技量にかかっていると言っても過言ではありません。そのため、日ごろから他社はどのような広報活動を行っているかをチェックする必要があります。 今回は、私が「この広報対応は神だ!」と感じた、企業/商品広報PRの事例を5つご紹介。あくまで個人的な感想ですが、今後、どのように広報活動を悩んでいる担当者の力になってくれることだと思います。 #事例01 トヨタ自動車の「トヨタイムズ」はメディア顔負けの発信力日本で

          【現役広報が見習いたい】企業/商品広報PRの神対応事例5選

          【現地人に聞くスペイン事情】サッカーと家族の間で自由を愛すラテンの国。スペインの物価や年収、働き方事情

          情熱の国、スペイン。 サッカーやフラメンコなど多彩な文化があり、観光産業が盛んな国です。 海外旅行先として人気なスペインですが、実際に住んでみるとどうなのか気になる人も多いはず。そこで本記事ではスペイン生活のリアルな実態をバルセロナ在住8年目の筆者が紹介します。 大企業の安定を捨ててスペイン移住したのは、サッカーチームで働く夢を捨てられないからスペインになんのゆかりもなかった私が、スペイン移住を決めたきっかけは「サッカー」。 「サッカーチームで働きたい」という夢を抱えな

          【現地人に聞くスペイン事情】サッカーと家族の間で自由を愛すラテンの国。スペインの物価や年収、働き方事情

          冷凍できる夜食! ちょい贅沢なお取り寄せグルメ5選 by 高島屋

          物価高に拍車がかかる昨今……。 家ごはん or 外ごはんの使い分けにメリハリが効いてきたと感じる一方、 とある調査では節約意識により自炊頻度が高まっていると推測されていました。 今回は、パートナーが「夜食にも食べられるモノをお取り寄せで色々頼むね」と、なんとも嬉しい気遣いとナイスセンスで選んでくれた、お取り寄せ品たちを紹介します。 全て冷凍で保存が効き、基本的に「高島屋オンライン」で購入可能。晩ごはんやちょっとした夜食に活用してみてください。 #01 「ジューシーなお

          冷凍できる夜食! ちょい贅沢なお取り寄せグルメ5選 by 高島屋

          【現地人に聞くイタリア事情】幸せに生きるコツを学べる? イタリアの食、バカンス、暮らしのお金事情

          イタリアからボンジョルノ! イタリアと聞いて、思い浮かべるのはなんでしょう。パスタにアート、車、サッカー…… 日本でもよく知られた“イタリア”はたくさんありますよね。人気の観光地でもあり、訪れたことがある方も多いかもしれません。 「マンジャーレ・カンターレ・アモーレ(食べて、歌って、そして愛して)」の国イタリアは、なんだか陽気で楽しそうだけど、実際のところは、さてどうでしょうか。 気づけば在住20年余の筆者が、日々体験しているイタリアを食文化や働き方をベースにご紹介した

          【現地人に聞くイタリア事情】幸せに生きるコツを学べる? イタリアの食、バカンス、暮らしのお金事情

          【現地人に聞くインド事情】急激な経済成長と変わらない文化が共存する国。インドの文化や年収、物価事情

          ナマステ! 本日は人生観を変えてくれることで有名な「インド」という国についてお届けします。同じアジア圏にありながらも、東南アジアよりは遠く、イメージで語られることが多いインド。誰もがインドについて話すと、何かしら印象を持ち合わせていて、たくさんの逸話を共有してくれます。 「皆に知られていながらも、本当は知らないことが多い不思議な国」というのが、インドの正しい立ち位置でしょうか。私個人としては、インド現地の企業で働いていた経験、インドにおける拠点の立ち上げから、インド人の就

          【現地人に聞くインド事情】急激な経済成長と変わらない文化が共存する国。インドの文化や年収、物価事情

          【2024年版】印象深かったラグジュアリーホテル・旅館まとめ

          観光・旅行関連の事業を行っていることもあり、国内中心だがリサーチも兼ねて、さまざまなところに宿泊しました。まだまだ旅行初心者ですが、特に印象深かったホテルや旅館を記録していきます。 The Okura Tokyo:オークラ東京 > ヘリテージウイング〜(東京・虎ノ門) ルグラン軽井沢ホテル&リゾート(軽井沢) ※2回目東京エディション虎ノ門(東京・港区)▼2023年版はこちら 文:ヤスダツバサ(Number X) (更新日:2024年3月15日)

          【2024年版】印象深かったラグジュアリーホテル・旅館まとめ

          【現地人に聞く中国・香港事情】香港人は本当にお金持ち!? デモとコロナを乗り越えた、香港の文化や年収、物価事情

          素晴らしい夜景を誇り、煌びやかなイメージのある香港。 中華圏の文化を残しつつも、外資系ブランドや高層ホテルなどインターナショナルなエッセンスが入り混じる街は、独特の魅力を放ちます。 香港への突然の移住は私にとって、新たな冒険の始まりでした。まずは憧れのザ・ペニンシュラ香港で過ごした夢のような2週間。しかし、2019年にデモ活動が始まり、街は緊張感に包まれました。その後、コロナ禍が始まり、想像していた華やかな香港生活は遠くなりました。そんな香港での楽しみやお金事情を、私の経

          【現地人に聞く中国・香港事情】香港人は本当にお金持ち!? デモとコロナを乗り越えた、香港の文化や年収、物価事情

          【2023年版】印象深かったラグジュアリーホテル・旅館まとめ ※体験レポートあり

          観光・旅行関連の事業を行っていることもあり、国内中心だがリサーチも兼ねて、さまざまなところに宿泊しました。まだまだ旅行初心者ですが、特に印象深かったホテルや旅館を記録していきます。 体験レポートの更新履歴(2023年)11月26日:「海外テイストを視覚で感じるネオンラグジュアリー」 W大阪(大阪府) 11月7日:「和の深みを細胞レベルで感じる空間」 THE HIRAMATSU 京都(京都府) 7月26日:「疲れた心に癒やしの一滴を」 THE HIRAMATSU 軽井沢

          【2023年版】印象深かったラグジュアリーホテル・旅館まとめ ※体験レポートあり

          「都会で祝う、パートナーとの大切な日」フォーシーズンズホテル東京大手町(東京都 大手町) | 経営者のホテル体験レポートVol.08

          お祝いのプレゼントや洒落たレストラン、サプライズの体験…… 大切な人の笑顔や感動は祝う側のココロも満たしてくれます。 今回泊まった「フォーシーズンズホテル」は、カナダ トロントに本部に置き、世界各国に展開している国際的なホテルチェーン「フォーシーズンズ・ホテルズ&リゾーツ」が運営するラグジュアリーホテル。「フォーシーズンズ・ホテル東京大手町」は、2020年9月に三井不動産リゾートマネジメントとのマネジメント契約により、東京都千代田区大手町に開業されました。 「フォーシーズ

          「都会で祝う、パートナーとの大切な日」フォーシーズンズホテル東京大手町(東京都 大手町) | 経営者のホテル体験レポートVol.08